忍者ブログ
成人してからアスペルガー症候群と診断された娘。 全般的発達障碍+重度知的障碍の二男。 子ども達との生活は、山あり谷あり。 今日という日をしっかり生きて、明日に繋がるように 祈り続けたい・・・
2018/10月
≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二男は、とても愛嬌のある子どもで、

我が家には 珍しく、いつも にこにこと よく笑う子どもでした。


上の二人は、年子でしたから、育児を楽しむ余裕などなく、

ただ ひたすら、育児と家事をこなすだけの毎日でしたが、

育児も 三人目になると、私にも、余裕が出てきて…

何をするにも、楽しんで 育てておりました。



三人目は 可愛いよ…と、よく聞いていましたが、

ただでさえ可愛いと思うのに、神様が下さった子どもだと考えると、

なおさら、可愛くて 仕方ありませんでした。



自分には、母性本能がないのではないかと、真剣に悩んだ事も、

自己嫌悪に陥った事も、まるで無かったように、

子どもへの愛しさが 湧いてきて…  


自分でも、信じられないような気持ちの変化に、

驚きと感謝の日々を過ごしたのでした。




そんな二男に、障碍があるなんて…

夢にも思いませんでした。



ある時、私は、ミニカーを机の端に並べて遊ぶ 二男の目つきを見て…

何か、異様なものを感じたのでした。


長男も、二男と同じように、ミニカーを並べていましたが、

その目に違和感を感じた事は、一度もありませんでしたから、

二男のなんとも言えない異様さは、私の不安を強くしたのでした。



もしかしたら、この子は、 何か 人と違うのではないか…

そんな不安が、一気に襲って来て…

私は、主人や義母に相談したのでした。



ところが…

主人も義母も、全く相手にしてくれず、

何を心配しているのだ と、言わんばかり…

私は、更に高まる不安を 無理やりに抑えつけて

暮らしていたのでした。



やがて…

二男に 大きな変化が 現れて…

私は、自分の予感が 的中した事に、ショックを覚えたのでした。




ご訪問 ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると、嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ 2人以上障がい児育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
笑顔の多い次男さん。
家族の癒しだったでしょうね。
ミニカーを並べるときの目つきに違和感を・・・。
母の鋭いカンでしょうか。
母親は子どもの事は、ビックリするくらい
分かってしまうことがありますよね。
akariさんが母性本能がないと
悩んだことがある。というのが
驚きです。
穏やかで、大きな声を出さないような
印象です。

でも、子育ては山あり谷ありですよね。
終わりがないと言うか。
我が家も娘二人いるので、そう思います。

いや、子育ては完全にゴール。と
思っていた私の実家の親の方が
今、山越谷超えかもです。
この歳になってまで親には
持病のことで迷惑をかけています。


賢くて優しい子と思いこんでいた私の親は
成人した私のアレコレは、
受け止めるのに相当な時間がかかりました。
最近、やっと。
うつ病は他の人には分からないよね。
と、言ってくれるようになりました。

自分が情けなくなりますが・・・。

いつか。親にこの恩を返すのだ。
という想いだけは心の中にあります。

娘さんも同じだと・・・。
勝手ですが、そう。思います。


fujiko URL 2014/10/15(Wed)00:42:14 編集
fujiko様 ♪
コメントをありがとうございました。

二男の事は、これが親バカ…って言うんだろうな と思うほど、可愛くて…仕方ありませんでした。
カメラを向けると、ちゃんとポーズを取ってくれるし、上の二人の子供たちより、愛嬌もあって…
いつもにこにこの笑顔で、幸せを運んでくれました。
育児に疲れて、上の子供たちを叱るたびに、母性本能がないのではないかと、真剣に悩み、自己嫌悪に陥っていたのでしたが、二男の存在は、私を一気に、母として 成長させてくれました。


けれども、
狂気と思えるほどの異様な目つきに、ハッとしてしまったのです。
「 何か ある… 」
そう、感じたものの、いや違う…と、打ち消す気持ちもあって、不安を抱えながらの生活でした。

母親だけが分かる カンでしょうか…。
主人も義母も、全く相手にしてくれませんでしたね。
その時、分かっていれば、苦労はなかったのに…とは、あとの祭りです。^^;


親と子の関係って、子どもが成長して 大人になっても、やはり、親と子なのでしょうね。

fujikoさんのご両親も、きっと fujikoさんのことを
ご心配なさっておられるでしょうね。
賢くて、優しい子…であれば なおさら、
受け入れたくない気持ちも 大きいのでは…と思います。

私も、娘に、「 どうして?? 」と思ってしまう事が多いので、そうではなく、ありのままの娘を受け止められるようにならないといけないなと、反省しました。

fujikoさん、どうぞ 大変でしょうけれど…
ご自分のお身体を一番になさって下さいね。
ご無理なさらないように…
平安でいられますように…

私も、fujikoさんのように、素敵なお母さんになりたいと思います。

暖かいコメントをありがとうございました。m(_ _)m


akari 2014/10/16(Thu)15:27:44 編集
鍵コメ様…♪
拙いブログに ご訪問下さり、また、コメントまで 頂いて、ありがとうございました。
私のお返事が遅くて…
ご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。
ちゃんと、2件 届いております。
ありがとうございました。m(_ _)m

こちらのブログは、鍵コメが コメント欄に表示されないので…
鍵コメントを下さった方は、届いたか 不安になりますよね。申し訳ありません。m(_ _)m

私のほうにも、コメントお知らせメールが来ないので…
コメントに気づかない事があって、失礼しております。すみませんでした。m(_ _)m


子育ては、人として未熟な私が、
人として…母として…
ちゃんと一人前になるようにと、神様が 与えて下さったものであり、成長させて下さっているのだと思います。

そう考えると、どの子も皆、神様からの預かりものなのですね。
決して、自分のものではなく、
ひとりの人間として、尊重しなければいけないのだと思います。

苦しいのは、自分が 未熟だからなんですね。
分かっていても、辛くて、泣きたい事も多くて…

まだまだ 修行が足りない私です。(^^;;


鍵コメ様のような、シンプルで 丁寧な、
穏やかな暮らしに近づけるように、私もなりたいと思います。

また、遊びに伺いますね。(*^^*)
暖かいコメントを、ありがとうございました。m(_ _)m






akari 2014/10/19(Sun)01:00:50 編集
プロフィール
HN:
akari
性別:
女性
自己紹介:
子ども三人の母です。
成人してからアスペルガー症候群と診断された娘と、全般的発達障碍+重度知的障碍の二男との暮らしは、山あり谷ありですが、楽しく暮らしています。

空を見上げて…☆ ( FC2ブログ )には、二男の記録を綴っています。

LITALICO(りたりこ)発達ナビのコラムに記事が掲載されています。

遊びにいらして下さいね。(*^_^*)
最新コメント
[07/09 akari]
[07/08 fujiko]
[03/09 akari]
[03/08 akari]
[03/07 fujiko]
[03/05 akari]
[03/05 akari]
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
更新カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
忍者カウンター
mail は こちらから

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    materiai by Sweety

忍者ブログ [PR]