忍者ブログ
成人してからアスペルガー症候群と診断された娘。 全般的発達障碍+重度知的障碍の二男。 子ども達との生活は、山あり谷あり。 今日という日をしっかり生きて、明日に繋がるように 祈り続けたい・・・
2018/08月
≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拙いブログにご訪問下さいまして、ありがとうございます。
お陰様で、ブログを始めましてから、1年が経ちました。

このブログは、メインブログ、「空を見上げて…☆ 」のサブブログとして、
主に、娘の事を中心に綴って参りました。

大人になってから、アスペルガー症候群と診断されて、
その特性ゆえに、同じ事を繰り返す娘の言動や、

伝えても、伝えても、伝わらなくて、やりきれない私自身の気持ちを
不定期に更新して参りましたが、たくさんの方々にお越しいただいて、
コメントまで頂戴し、本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。

皆様に支えていただいて、ここまで続ける事が出来ました。
本当に、ありがとうございました。
たくさんの素敵な出逢いに 感謝しています。

これからも、不定期ですが、綴って参りますので、
どうぞよろしく お願い申し上げます。




さて・・・

入院した娘のその後ですが…

現在、四人部屋での入院生活。
朝6時起床、ラジオ体操に始まり、7時朝食…
病院の規則正しい時間の流れに
着いて行くのがやっとと、いう感じです。

夜が怖くて眠れない…と言っては、一晩中起きて過ごし、
朝になって、ようやく安心して眠るという生活から 一変しています。

まずは、規則正しい生活をする事から始めましょう…という方針です。

慣れない生活の為か、医師や入院患者さんとのやり取りで、
混乱したのでしょう。

パニックになり、早朝6時に 号泣して 電話をかけてきたかと思えば、
激怒して 電話口で 文句をまくし立て、一方的に電話を切ったり…。

私たちも、ある程度は覚悟しておりましたが、
あまりに酷い娘の暴言に、辛い気持ちを抑えておりました。

そのうちに、娘は、病棟内で 意識を失くして倒れるようになりました。
倒れる度に、担架で運ばれ、脳のCT検査や血液検査を受けて…

さいわい、異常は見つかりませんでしたが、
意識を失くして倒れるのは、解離 でしょう…との事でした。


先日、医師との面談があり、主人と二人で話をお聞きしました。

娘は、10年前より 薬を服用しておりますが、
薬の種類が多く、体重増加もあるため、
なるべくなら、入院中に 薬を減らして行けるようにと、考えておりました。

診断は、精神疾患なのか、発達障害なのか、その区別がつかず、
精神疾患です と診断する医師と、発達障害です と診断する医師、
その両方です と、診断する医師もあり、医師によって 様々でした。

今回の担当医師は、娘が訴えている幻聴なども、
精神疾患のそれとは異なるとの理由で、
「 発達障害から起こる不安の症状 」
との診断でした。

そのため、精神疾患の薬は、飲むのを止めてみましょう。
薬を止めると、不安が強くなるかもしれませんが、

自分の力で 乗り越えていけるように、練習して行きましょう。
との事でした。


物事が 思うように上手く行かなくなると、
不安になり、被害妄想が大きくなり、パニックになっていき、

攻撃的になったり、暴言を吐いたり、
なかなか、感情のコントロールができないため、

そんな時には、頓服として、精神疾患の薬を服用していたのですが、
いざという時の頓服がないというのは、やはり、
娘も私たちも不安です。


入院中は、医師もいて下さるので安心ですが、
退院後は、私たちだけで、乗り切れるのか…

心配な問題は、たくさんありますが、
今現在は、医師の指示通りに 娘も頑張っている状況です。


上手く 薬が減らせて、娘が落ち着いて過ごせますように・・・
不安になっても、乗り切ることができますように・・・

祈っていきたいと思います。




読んで頂き、ありがとうございました。
ブログランキングに参加しております。
応援クリックして頂けると、とても嬉しく 励みになります。
どうぞよろしくお願い致します。 にほんブログ村 子育てブログ 2人以上障がい児育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PR
二男の異変は、2歳を過ぎてから…。


1歳半検診でも、少し多動気味では ありましたが、

特別に 医師から注意を受けた事は、ありませんでした。


言葉も、兄弟の中では 一番多く 話しておりましたし、

意思の疎通も図れていました。



それなのに、なぜ?…


今、思い返しても、後悔ばかりが 残っています。




風邪を引き、念のためにと 連れて行ったのは、

初めてかかる総合病院でした。


小児科の女性医師から、肺炎ですと告げられて…

すぐに入院する事になってしまったのでした。



この時の詳しい記事は、別ブログ「 空を見上げて…☆ 」の タイトル9☆ 入院1〜入院3に記載しています。   http://skyblue117311.blog.fc2.com/blog-entry-16.html#sub_to







二男は、薬を飲むのを嫌がり、いつも 風邪薬などは、好きなジュースに混ぜて

飲ませたりしておりましたが、この時も、飲まなかったようで…


そのため、看護師が、毎回、薬を飲ませるたびに、

二男の身体を押さえつけて、馬乗りになり、飲ませたとの事でした。


それでも、抵抗する時には、二男の身体と手足を ベッドに縛り付けて…

無理やりに服用させたと、退院の際に、看護師から聞きました。



今思えば、どうして そこまでしなければならなかったのかと、

後悔ばかりが 残ります。




たった三日間の入院で…

帰宅した二男は、一変して、笑わなくなってしまいました。

私たちにも、怯えるような様子を見せて、どこか ビクビクしていました。


入院前は、にこにこと愛嬌良く、笑顔を見せてくれていたのに…

入院の際も、点滴台を ガラガラと引きずってまで、

私の後を追って来たのに…


退院後は、私が、二男に触れようとするだけで、

悲鳴を上げるようになってしまったのでした。

母親の私でさえ、二男は、拒否をするようになったのでした。



それからは、日常生活にも 支障が出てきて、私は、困ってしまい、

保健所の育児相談に 出かけたのでした。


そして、保健師に 地域の療育センターを紹介され、

私は、二男を連れて、出かけて行ったのでした。



初めて行った療育センター…


そこで、二男を診断した医師は、二男の顔を見ることも、

行動を見ることもなく、私が 記入したアンケート用紙だけを見て…


「 全般的発達障碍  +  精神遅滞 です。」


とだけ、静かに告げたのでした。









ご訪問 ありがとうございました。
ブログランキングに 参加しています。
クリックして頂けると、嬉しいです。
どうぞ よろしくお願い致します。m(_ _)m
         ↓  ↓  ↓



にほんブログ村 子育てブログ 2人以上障がい児育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール
HN:
akari
性別:
女性
自己紹介:
子ども三人の母です。
成人してからアスペルガー症候群と診断された娘と、全般的発達障碍+重度知的障碍の二男との暮らしは、山あり谷ありですが、楽しく暮らしています。

空を見上げて…☆ ( FC2ブログ )には、二男の記録を綴っています。

LITALICO(りたりこ)発達ナビのコラムに記事が掲載されています。

遊びにいらして下さいね。(*^_^*)
最新コメント
[07/09 akari]
[07/08 fujiko]
[03/09 akari]
[03/08 akari]
[03/07 fujiko]
[03/05 akari]
[03/05 akari]
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
更新カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者カウンター
mail は こちらから

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    materiai by Sweety

忍者ブログ [PR]