忍者ブログ
成人してからアスペルガー症候群と診断された娘。 全般的発達障碍+重度知的障碍の二男。 子ども達との生活は、山あり谷あり。 今日という日をしっかり生きて、明日に繋がるように 祈り続けたい・・・
2018/04月
≪03月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05月≫
[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

三人の子ども達の中で、ただひとり、娘は 母乳のみで育ちました。

長男は、三ヶ月頃に、私の母乳の出が悪いのに 怒って、
母乳を飲もうとしなくなり、その後は、ミルクで育ちました。

娘は、三ヶ月頃に、やはり 母乳の出が悪くなったのですが、
ミルクを与えると、哺乳瓶の吸い口が嫌いで、
プイと口から はずしてしまい…ミルクを飲まないので、
仕方なく母乳を与えていたところ、そのお陰で、
また出るようになり、なんとか 母乳のみで、育ちました。

四ヶ月頃になると、ベビーサークルの柵を、足で トントンと蹴飛ばしたり…
柵の隙間から、足を出していたり…

女の子なのに、元気がいいなぁ…と、思っておりました。

腹ばいになる頃には、サークルの中で、腹ばいになり、
寝返りを打とうと、首を上げ、顔を真っ赤にして 挑戦するのですが、

なかなか上手く 寝返りが打てなくて、
とうとう 力尽きて…

顔をペタっと、横に向けて ひと休みしている姿に
家族の笑いを誘っておりました。

面白いなぁ…と、いつも見ていて飽きない娘の姿でした。


ハイハイは、あまりせずに、すぐにつかまり立ちをして、
11ヶ月で、歩き始めました。

よほど、母乳が気に入っていたらしく、2歳を過ぎても、
家の電話が鳴る度に、遊んでいるのを中断し、

慌てて、私のところに飛んで来て…
「 抱っこ…」と言って 膝に乗り、通話中ずっと
おっぱいにしゃぶりついて いました。

通話が終わると、すぐに私から離れて遊び出すのですが
また、電話が鳴ると、何をしていても、もの凄い勢いで やって来て…
再び、私の胸に飛び込んで来ていたのでした。

そんな娘でしたが、3歳2ヶ月の時に 二男が産まれると
きっぱりと、私に甘えるのをやめて、
おっぱいにしゃぶりつく事をしなくなってしまいました。


二男は、陣痛が始まってから、1時間後に産まれるという、
医師も駆けつけるのが間に合わないくらいの
超スピード出産でした。

朝の出産でしたので、産後、すぐに 昼食が出たのですが…
もう、食べていいんだ…と、びっくりしている私の前に、
特大おにぎり一個と、普通サイズのおにぎりが 一個、運ばれて来て…
更に、驚いてしまいました。

ふと、目をやると…

特大おにぎりに、目が点になっている娘の姿が…。(笑)

あまりの巨大さに、特大おにぎりを 凝視していたのです。(笑)
私が見ても、かなりの大きさでしたから、
3歳の娘には、それはそれは、大きく見えたのでしょう…。

私は、普通サイズのおにぎりを 娘に渡しましたが、
娘は、あまり反応が無く…

私が 特大おにぎりを食べているのを、ジ〜っと 見つめていたのでした。


娘は、今でも、その時の事を良く覚えていて、
こ〜んな大きな おにぎりだったと、
両手で、自分の顔くらいの大きさを作ってみせて…

「 お母さんは、あんなに大きいおにぎりを食べるんだ と、
ものすごくビックリした。」  と、話してくれます。

さすがに、顔ほどの大きさは ありませんでしたが…
出産後すぐに食べるには、少々 大き過ぎな おにぎりでは ありました。

でも、「 食べなきゃいけないんだ…」と、
すごく無理をして…食べたのでしたが…

私の事を心配してくれるでもなく、
産まれたばかりの弟に 興味を示すでもなく…

特大おにぎりだけを凝視していた娘の姿が 忘れられません。(笑)


ちなみに、産まれたばかりの弟については…

「 この赤ちゃん、誰?」
「 ○○ちゃんの弟だよ…。」
「 ふ〜ん…。弟って、何?」

と、こんな風な やりとりでした。(笑)




ご訪問ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると、嬉しいです。

にほんブログ村 子育てブログ 2人以上障がい児育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
記事を読んで驚くばかりでした。
常々私が思っていたことが書いてあったのです。
発達障害の子どもは母乳が好き。というより
生まれて初めての母乳への執着なのではと思います。
トットは・・・もちろん。3歳まで母乳でした。(笑)
断乳。卒乳。その言葉にどれだけ泣かされたことか。
(皆、2歳になる前には卒乳していますからね)

母乳が離れられないのは執着だと思うんです。
(勝手な私自身の思い込みですけどww)
そして、トットも。私が電話をすると
おっぱい飲んでましたね。
だーめって言われないから(笑)

発達障害の子はハイハイが短く
歩くのが早いと言いますね。
これは、本にも書いてあります。(笑)
娘さんもそうだったのですね。
トットなんて10っヶ月になる直前。
9か月で歩きましたよ。
そこからは、多動のトットとの戦いの
毎日でした(T_T)

特大おにぎりが、出産のご褒美だったのですね。
私は何を食べたかなんて忘れちゃったので
(二人ともです。産後、よほど疲れたのでしょうか)
思い出があるって素敵です。(#^^#)
くろくろ 2014/09/13(Sat)17:13:49 編集
くろくろ様…
コメントをありがとうございました。

トットちゃんも、3歳まで おっぱいを飲んでらしたのですね。
わぁ、一緒だぁ〜と、なんだか、嬉しくなってしまいました。(*^^*)
電話の時も、同じだなんて…
ますます、嬉しい!(笑)

発達障害の子どもは、ハイハイが短く 歩くのが早い…って、知りませんでした。
娘は、11ヶ月で歩きましたが、二男は、
ちょうど、1歳の誕生日に 歩きました。

トットちゃんの、9ヶ月には、ホント 驚きました。
二男の多動には、悩まされましたが…
トットちゃんも、そうだったのですね。

母と子の、ゆったりとした時間など 皆無でしたので…ものすごく、普通の親子が 羨ましかったです。^^;

執着…
そうかもしれませんね。
娘は、いつまでも、昔の事を忘れられずに
苦しみますが、ただの執着心なのですね…。
しつこいくらいに、思い出しては、苦しんでいます。
やはり、障害のせいなのでしょうか…。

病気なのか 障害なのか、性格なのか 特性なのか…
娘は、全てに該当する…って、どうなのよ!
です。(笑)
akari 2014/09/14(Sun)11:28:00 編集
プロフィール
HN:
akari
性別:
女性
自己紹介:
子ども三人の母です。
成人してからアスペルガー症候群と診断された娘と、全般的発達障碍+重度知的障碍の二男との暮らしは、山あり谷ありですが、楽しく暮らしています。

空を見上げて…☆ ( FC2ブログ )には、二男の記録を綴っています。

LITALICO(りたりこ)発達ナビのコラムに記事が掲載されています。

遊びにいらして下さいね。(*^_^*)
最新コメント
[07/09 akari]
[07/08 fujiko]
[03/09 akari]
[03/08 akari]
[03/07 fujiko]
[03/05 akari]
[03/05 akari]
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
更新カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
忍者カウンター
mail は こちらから

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    materiai by Sweety

忍者ブログ [PR]