忍者ブログ
成人してからアスペルガー症候群と診断された娘。 全般的発達障碍+重度知的障碍の二男。 子ども達との生活は、山あり谷あり。 今日という日をしっかり生きて、明日に繋がるように 祈り続けたい・・・
2018/07月
≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二男は、3歳の時に、全般的発達障碍+精神遅滞と診断されました。

重度知的障碍の判定を受け、現在は、障碍福祉サービス多機能型事業所に
通所しています。


会話は、三語文程度…

語彙が少ないため、自分の気持ちを 上手く他者に伝える事が出来ないので、
歯がゆい思いをしたり、悔しい思いをしたりする事が多いから、

周囲の者が、二男の気持ちを代弁していくと良い…
そうする事で、語彙が増えていく…

と、つい最近になって、判定員の方に教えて頂きました。

「 痛かったね〜 」
「 嬉しいね〜 」
「 悔しかったね〜 」

など、感情表現を代弁する事で、気持ちを伝える言葉を
増やしていけたらいいなと思います。


特技は、細かい手先の作業です。

手織りや刺繍、刺し子など…
とても綺麗に、几帳面に仕上げます。


視覚優位で、方向感覚にも優れていて、
一度通った道は 良く覚えているので、道に迷う事もありません。


家の中の荷物も、どこに何が置いてあるか 全て把握しているので、
置き場所を変えても、家族の誰よりも早く気付きます。


幼少時から、学習能力が高い…と言われ、一度学ぶと
どんどん身につけて、忘れないようです。



そんな二男の一番の長所は、人に優しいところです。

家族の気持ちを思いやり、さりげなく寄り添い、
いつも、家族のために動いてくれています。

二男の優しさや純粋な気持ちに、いつの間にか
家族は 癒され、救われています。

そのことは、家族にとって、己の心の貧しさを思い知らされる事にも
なるのですが…。




以前から、二男の周りでは、不思議な事が よくおこりました。

どう考えてみても、奇跡としか思えないような体験を
これまで 何度もしてきました。


二男に関わる人たち( 家族も含めて )が、変化していく事…

困難な問題が、嘘のように解決していく事…

先が見えず、真っ暗だった道に、突然 光が射したり…

もう無理だと、限界を感じた時に、全く 想像もつかなかった道が開けたり…


神様に守られているとしか思えないような 不思議な出来事が
たくさん ありました。

全てを委ね、全てを受け入れる…

その度に、二男の願いは 叶えられて、ここまでやって来れました。

本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。



障碍は重くても、二男の歩んできた道を思うと、
この先の未来も、心配はいらないのだと思えます。


ただ、毎日を 精一杯生きる…

二男のように、しっかりと今を生きる…

それで良いのだと。



今を生きること…

それが、生きる力になっていくのだと思います。





ご訪問 ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると、とても励みになります。
どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m にほんブログ村 子育てブログ 2人以上障がい児育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
あかりさん。こんにちは。
実は、「今を生きる」って言葉
私の大好きな言葉です。
同じ題名の映画を高校の時にみてから
大好きなんです。

次男さん。誰よりも優しくて
いつも。一生懸命ですよね。
今。この一瞬を真剣に生きる。
当たり前の様で難しい。
次男さんの中に、私たち。っていうか
私をはじめとする多くの人?が持っている
「人と比べる」「世間体」「他人の目」
「損か得か」etc.
そういうの気持ち・・・。のようなものが
ないですよね。
神様が次男さんに与えたものと与えなかったもの
それが、次男さんの心の清らかさや
やさしさに結びついているような気がします。

周りが己の心の貧しさに気付く。

でも。気が付かなかったり
(決してあかりさんのご家族が心が貧しいという
意味ではありません)
感じることすらできないことの方が
不幸ではないかな~って思います。

私の観た映画
「今を生きる」
もう。内容をほとんど忘れちゃいましたが( ゚Д゚)
学校を舞台にした映画で
先生が生徒を机の上に立たせるのです。
男子校だったはず。
彼らはいつも勉強している机の上に立ってみた。
それだけで、世界は全く違って見えた。
そのシーンが印象的です。
原作も読んだのですが、今はそのシーンだけが
忘れられずに残っています。

たまには。いつもの日常を
違った視点から見てみると。
目から鱗かもしれないな。

あかりさんの記事を読んで
久しぶりに思い出しました。

(*^^*)
fujiko URL 2015/02/20(Fri)14:09:41 編集
fujiko様 ♪
fujikoさん、こんにちは。
温かいコメントを ありがとうございました。

お身体は いかがですか?
体調が 良くないとの事でしたので…
コメントやメールは、控えさせて頂いておりました。

お子さんの事、ご家族の事…
いろいろ ご心配でしょうが、どうぞ ご自分の事を一番になさって、ご自愛下さいね。
ママが倒れたら、家庭は回っていかないですものね。

今を生きる…
二男を見ていると、いつも そう思います。
今、この一瞬、一瞬を生きているんだなぁ〜と。

そして…
私の母も、そうなのだと。

痴呆のために、ほんの1、2分前の事も忘れてしまうので、まさに 今 この時を生きているのですよね。
一瞬一瞬が、明日へと繋がって行くのですね。

二男に与えられたものと、与えられなかったもの…

fujikoさんのお言葉で、少し 考え込んでしまいました。

なぜ、与えられなかったのだろう…
そんな思いが生じてしまいますが、
でも、だからこそ、守られるのですよね。

「 心の貧しい人は 幸いです。」

二男の姿を見て、私たち家族が、
己の心の貧しさに気付くようにと、
神様が、そうさせているのかもしれないですね。
(*^^*)
















akari 2015/02/21(Sat)15:58:03 編集
プロフィール
HN:
akari
性別:
女性
自己紹介:
子ども三人の母です。
成人してからアスペルガー症候群と診断された娘と、全般的発達障碍+重度知的障碍の二男との暮らしは、山あり谷ありですが、楽しく暮らしています。

空を見上げて…☆ ( FC2ブログ )には、二男の記録を綴っています。

LITALICO(りたりこ)発達ナビのコラムに記事が掲載されています。

遊びにいらして下さいね。(*^_^*)
最新コメント
[07/09 akari]
[07/08 fujiko]
[03/09 akari]
[03/08 akari]
[03/07 fujiko]
[03/05 akari]
[03/05 akari]
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
更新カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者カウンター
mail は こちらから

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    materiai by Sweety

忍者ブログ [PR]