忍者ブログ
成人してからアスペルガー症候群と診断された娘。 全般的発達障碍+重度知的障碍の二男。 子ども達との生活は、山あり谷あり。 今日という日をしっかり生きて、明日に繋がるように 祈り続けたい・・・
2018/01月
≪12月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02月≫
[35] [34] [31] [33] [32] [30] [29] [28] [27] [26] [25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

主人の術後の経過は順調で、2週間が経っていました。
ガンは、全摘できたのでしたが、再発予防の為に、
抗ガン剤治療をしたほうが良いと、主治医に進められていました。


入院して、抗ガン剤を点滴投与するのですが、第1から第4クールまであり、
最初の第1クールでは、1か月ほどの入院になります・・・との事でした。



一方、娘の面会は、週に1度、30分だけ許可が下りたため、
主人の入院する日の前日、当分会えなくなるからと、主人と一緒に
私は、娘に会いに行ったのでした。


個室に入ると、娘は、ベッドに座っており、私たちをジロリと見て、
「 何しに来たの?」と、つぶやきました。

そして、その後、主人の悪口をずっと言い続け、
「 私にひどい事をするから、パパは 痛い目にあったのだ。ざまあみろ!」
と、暴言を吐きました。

その後も、10年以上も前の話を持ち出しては、主人に暴言を吐き続け、
あまりの言葉に、主人も私も傷ついて、いたたまれなくなってしまったのでした。

面会時間は、あっという間に過ぎていき、私たちは、心が晴れないまま、
病院を後にしたのでした。


どうやら、大学病院で、薬を減らした影響が出てきているらしく、
娘の場合は、衝動的になる事があるから、鎮静効果のある薬を
飲んだほうが良いでしょうとの事でした。


さすがに、主人もショックを受けたようで、ため息をついておりました。
ですが、私にとっては、日常茶飯事で、娘から電話がかかるたびに、
暴言を浴びせられて、いつも、やりきれない気持ちを抑えていたのでしたが、

主人は、全く無関心で、私の気持ちなど 何とも思っていない素振りに、
私は、ひとりで、耐えていましたので、この時ばかりは、

「私も、いつも やりきれない気持ちでいたんだよ。」と、
主人に明かしたのでした。

私の気持ちを 半分くらい分かってくれたようでした。



翌日、主人は、ため息をつきながら、大学病院に入院致しました。
抗ガン剤治療をすると言うのに、娘の暴言にションボリしている姿は、

ずっと10年以上も、娘の暴言に耐えて来た私には、
なんだか可笑しく思えたのでした。



次の日から、抗ガン剤の点滴投与が始まりました。
ところが、点滴の針が刺さらない・・・と、主人から電話がありました。

血液検査のたびに、注射針が刺さらないと言っては、看護師泣かせの主人でしたが、
点滴の針まで刺さらないとは・・・苦笑してしまいました。


午後になり、病院に見舞いに行くと、点滴を受けている主人の姿がありました。

主治医は、今は大丈夫だが、週の後半になると、倦怠感が出て、
食欲もなくなるから、痩せるよ〜と、私に言い、20キロくらい痩せるから・・と、
言って、ニヤリとしました。

ダイエットにもなって、うまくいけば、一石二鳥だとの事でした。



私は、朝、二男を施設のバスに乗せた後、毎日、主人の見舞いに行き、
娘の病院と掛け持ちで、往復をして、忙しく過ごしていました。


そんな中で、娘は、次第に安定して、面会も許可になり、笑顔で過ごせるように
なっていきました。

減らしていた薬を増やした事で、安定したようでした。



2週間が経過し、主人の第1クールの治療が終了しました。
本当なら、もう1回の点滴治療があったのですが、
主人が体力の消耗が激しいから、治療は中止したいと申し出たとの事でした。


辛かったら、途中で止めても良いよ との医師の言葉に、
それならと、受けた治療でしたので、私たちは、安心していたのでしたが・・・

止めると申し出た途端、「 途中でやめると効果がないよ。」と言われ、
話が違うと、びっくりしたのでした。



それでも、主人の意志は固く、予定より早く2週間で退院したのでした。
髪も抜けると聞いていたので、帽子まで買って備えていたのですが、
主人の髪は、フサフサのまま。
結局、帽子は、役に立ちませんでした。



その後、娘は、一泊の一時帰宅をしたのでしたが、落ち着いて過ごせたため、
無事に退院をしたのでした。


ところが・・・


あろうことか、娘は、その日の深夜に 私がちょっとウトウトした隙に、
いなくなってしまったのでした。





ご訪問ありがとうございました。
ブログランキングに参加しております。
応援クリックが励みになります。
どうぞよろしくお願い致します。 にほんブログ村 子育てブログ 2人以上障がい児育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村
人気ブログランキングへ
PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:
akari
性別:
女性
自己紹介:
子ども三人の母です。
成人してからアスペルガー症候群と診断された娘と、全般的発達障碍+重度知的障碍の二男との暮らしは、山あり谷ありですが、楽しく暮らしています。

空を見上げて…☆ ( FC2ブログ )には、二男の記録を綴っています。

LITALICO(りたりこ)発達ナビのコラムに記事が掲載されています。

遊びにいらして下さいね。(*^_^*)
最新コメント
[07/09 akari]
[07/08 fujiko]
[03/09 akari]
[03/08 akari]
[03/07 fujiko]
[03/05 akari]
[03/05 akari]
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
更新カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
忍者カウンター
mail は こちらから

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    materiai by Sweety

忍者ブログ [PR]